神様からの手紙

 秋田県の公立高校の一般選抜が今日行われました。問題を見ながら,おっこれは昨日復習したばっかりの問題だ~なんて思いつつ,問題を解いてみました。一番気になるのは長文問題の話題です。ここ数年WHOやUNESCOに絡んだ話題でしたが,今回はほのぼのとした温かい話で,こういう話っていいよなあ~って思ってしまいました。

  秋田県公立入試問題はこちらからどうぞ~!

 

読解力

 昨日秋田県公立高校の前期選抜が行われました。H25から行われた前期選抜の学力検査も6年目になりました。語順を問う問題が今年はなくなり、文脈や場面から答えたりする読解的な問題が増えてきたような感じがします。ただ、英文や対話の内容は非常にわかりやすい展開なので、解きやすかったのではないかと思います。

前期の問題は、上の入試問題のページを参照してください。

入試対策

高校入試の問題も少しずつ変化をしています。

語順問題はH27から英検のような形式が見られるようになってきました。

単語の問題は,3~4行程度の短い英文を読み取って適切な英語を埋めていく問題となっています。一時期単語の問題が難しい長文の中に組み込まれていた時期もありましたが,語彙力を見るにはH29やH27くらいの文章を読み取るくらいが十分かと思えます。私の定期テストでは,単語の問題は少し多めかなとは思いますが,生徒たちは単語の練習から始めるので,努力の成果が少しでも発揮できる問題が必要だと思っています。H29の前期選抜問題,一般選抜問題は入試問題のページにまとめて掲載しています。

 

H26 秋田県公立高校入試問題

H25からは前期選抜においても学力検査(国・数・英)を行うようになりました。問題等をご覧になるには,上のメニューバーの入試問題から入ってください。

問題をパラパラめくってみると,大問4のページの文字の密度が高く,圧迫感を受けてしまいます。対話とグラフなどの情報をうまくかみ合わせながら解いていく必要があります。英検などの問題にも様々なインフォメーションの内容を読み取って答えたりする問題がありますが,入試問題は対話も絡んでくるので,なかなか高度な情報整理力が求められます。

場面や自分の体験や考えをまとまった英文で答える問題も出ています。普段の授業では,場面の展開を自分たちで考えて作ったり,発表したりという学習活動を授業の中で行っていくことが必要かなと感じさせられました。

年々問題が練られ,高度な問題になってきているなあと感じます。学力検査ではある程度の合格基準に達しているか,達していないかをはかるものだとすれば,もう少し,英検の問題や他県のようなシンプルな問題があってもいいような気がします。負けるな,受験生!

授業の始まり2

hajiamari授業の始まりが一周し、2周目に入りました。2周目からは、Q&Aの逆バージョン、答えから疑問文シリーズでやってます。Q&Aバージョンはできるようになってきたので、答えから疑問文を作る力をつけさせたいなって思ってます。逆Q&Aは始まったばかりですが、次は何で行こうか思案中です。

H24 秋田県高校入試問題

入試問題そのものをご覧になるには上のメニューバーから入ってください。

個人的な見解ですが、問題の傾向も微妙に変わってきています。その中心にあるのは秋田県教育委員会が目指す「問いを発する(表現できる)子どもの育成」にあるような気がします。

リスニングの最後の問題ではdictation+rewriteの要素に加え、そのスピーチの内容と挿絵の場面から適切な問いを発することが求められています。普段の授業でこのような問いを発することを鍛えておかないと答えることが難しい問題です。

大問2の最後の問題も昨年度までは、 家族の人数をたずねるときとかっていうようにヒントがあったのですが、You look bad today.  Are you OK?  You (              ). Thank you ~. という感じで場面を読み取り、そこからさらにその場面・状況に適切な表現を作り出す必要があります。単純な●●の場面の時はこんな表現を使うと覚えているだけではなかなか難しい問題です。これはどのような場面であるかをイメージさせる学習も必要かと思います。

大問4の最後の問題は、約束した時間の変更をお願いするメールを書く表現問題になりました。昨年度までは「将来どんな仕事をしてみたいですか」といった特定のトピックについて核問題でしたが、今回はnegotiation の能力も求められています。なかなか手強くなってきた入試問題に私たちも授業の内容をshift up していく必要を感じています。