読解力

 昨日秋田県公立高校の前期選抜が行われました。H25から行われた前期選抜の学力検査も6年目になりました。語順を問う問題が今年はなくなり、文脈や場面から答えたりする読解的な問題が増えてきたような感じがします。ただ、英文や対話の内容は非常にわかりやすい展開なので、解きやすかったのではないかと思います。

前期の問題は、上の入試問題のページを参照してください。

入試対策

高校入試の問題も少しずつ変化をしています。

語順問題はH27から英検のような形式が見られるようになってきました。

単語の問題は,3~4行程度の短い英文を読み取って適切な英語を埋めていく問題となっています。一時期単語の問題が難しい長文の中に組み込まれていた時期もありましたが,語彙力を見るにはH29やH27くらいの文章を読み取るくらいが十分かと思えます。私の定期テストでは,単語の問題は少し多めかなとは思いますが,生徒たちは単語の練習から始めるので,努力の成果が少しでも発揮できる問題が必要だと思っています。H29の前期選抜問題,一般選抜問題は入試問題のページにまとめて掲載しています。