about me

how to contact :

ご質問等ある場合は naohyama@gmail.com までお問い合わせください。
迷惑メール防止のため、@を全角にしてあります。@を半角の@に置き換えてください。

Please send naohyama@gmail.com if you want to cantact me.  You need to replace (two-byte character) to @(one-byte character) when you send e-mail.  

 

about me」への3件のフィードバック

  1. 非常に役立つ情報ばかりで、授業の参考にさせていただきます。
    これからも更新してくださることを楽しみにしています。

  2. ifの教材についての質問です。
    ifの導入をどうしようかと思い迷ってしまい、何かヒントを得ようと思い、このサイトにたどり着きました。
    2012/11/08に投稿されています【接続詞 if】の教材なんですが、中身を確認してみたところ、ドラえもんの道具を題材にしており子どもたちの興味を引きそうな素敵な教材だと思いました。
    しかし、ドラえもんの道具は現実にはいまだ存在していないため教材で使われている【仮定法現在】の用法ではなく、【仮定法過去】を用いる方が適切であると考えます。
    ご回答よろしくお願いいたします。

    • ご質問ありがとうございます。
      中学校では仮定法という言葉を使わずにifの表現の学習をしています。
      高校では仮定法過去、仮定法過去完了の表現を学習します。
      中学校では、仮定法現在の意味で学習しているので、「あした晴れなら、~しよう」などど起こりうる可能性のあることを表現するときに使うことには問題ないと思います。
      ドラえもんの道具の場合はあり得ないものを使って表現するので、「願望」の意味合いを持たせるためには仮定法過去を使うのが英語的には正確な表現だといえます。
      もし、高校の授業で活用されるのであれば、仮定法過去、過去完了の表現に直して使うべきだと思います。よろしくご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。